闇金融を自ら撃退するサイト

闇金融に関する基礎知識

『闇金融』とは?

トイチと出資法

出資法違反と罰則

不法原因給付と不当利得返還請求

闇金融の現状

『金融』とは名ばかりの実態

闇金融の天敵はやはり警察

弁護士と闇金融

あなたにeアドバイスお届けします

e-advice.net

闇金融の嫌がらせから逃れるためには

法律など関係なく超高利で貸付けをし、法律など関係なく悪質な取立を行い、何だかんだと理由を付けて完済を拒み、挙句は借りてもいないお金を返せと請求する。そんな傍若無人なヤミ金に対して対抗するにはどうすれば良いでしょう?

警察に通報する

ヤミ金は犯罪業者です。犯罪には警察が一番です。警察が本気で捜査をすれば、所在の掴めないヤミ金と言えども必ず逮捕することが出来ます。

しかしヤミ金を一網打尽にするには警察の人数が足りません。過去に何度となくヤミ金一掃キャンペーンを行っていますが、それでも全く追いつかず、結果的に警察の現場の中にも「ヤミ金被害に遭う人を何とかしない限りどうにも出来ない」という声が大勢を占めています。

弁護士に相談する

ヤミ金の行為は法律違反です。法律と言えば弁護士。弁護士が受任すると、ヤミ金は正当な理由なく本人への接触が出来ません。

しかしこれも法律論です。はじめから法律を守る気のないヤミ金にとって、弁護士もさほど怖いものではありません。

口座を封鎖する

振込み口座を封鎖するのは少しは効き目があります。住所や代表者名などを明かさないヤミ金にとって、お金を受け取る唯一の方法は銀行振込みです。その振込口座を封鎖されるとヤミ金はお金を受け取ることが出来ません。

ただ、これも効果は少しです。元々ヤミ金の振込み口座は架空口座です。他人名義の使っていない口座をお金で買い取ったものです。そのような口座は闇で大量に流通しています。飛ばしの携帯と同じように、ホームレスに住所を置かせて銀行めぐりをさせて口座を開設させ、その口座を買い取っていく業者がグループにいますので、架空口座はいくらでも作ることが出来ます。また、リスク対策として同じ口座に大金を集めることはしていませんし、入金になったお金はすぐに引き出していますので、決定的な打撃を与えることは難しいようです。

無視する

ヤミ金対策として最も効果的なのはこの「無視」です。どれだけ電話口で脅してみても凄んでみても、ヤミ金は自分のやっている事が犯罪であることは十分承知しています。まさか自宅や会社にノコノコと登場して取り立てようとは頭の片隅にも思っていません。その状態で相手からお金を巻き上げるためには振り込みというアクションを相手に起こさせるしか手段はありません。どんなに脅したところで動じない相手にいつまでも掛かりっきりになるほどヤミ金はバカではありません。お金になると思うから脅しているにすぎないのです。

ですからヤミ金に対する絶対的な対策はこの「無視」することです。

しかし、ヤミ金もこの「無視」が一時的なものかずっと続くものか判断するのに時間を要します。完全に金にならないとわかればヤミ金は他の「おいしい客」を探してまたローラー作戦をはじめます。それまでの間は、脅しが本当に通じないのかどうか、あらゆる脅しを試してきます。つまり今までにも増して過激な脅しを、短期間であれ耐える用意が必要です。

CopyRight(C) あなたにeアドバイスお届けします All Right Reserved